Menu

秋に発症するニキビの原因と対処法について!

 

秋は暑さも和らいで涼しくなる季節。

汗を大量にかいてしまう夏や、乾燥が酷くなる冬がニキビをつくりやすい季節というイメージもありますが、秋も気を付けなければなりません。

とっても過ごしやすい季節ですが、意外と肌にはダメージが多いことも多いのはご存じでしたか?

まず理由としてあげられることは、「乾燥」「紫外線」「花粉症」があります。

一つずつ詳しく原因を見てみましょう。

乾燥に関してですが、秋になると涼しくなり湿度もグンと下がります。

体感としては過ごしやすく気持ちが良いのですが、肌にとってはすでに乾燥状態にあります。

夏のままの保湿ケアでは間に合いません。

夏は紫外線を多く浴びて肌が疲れた状態になっています。その疲れが肌トラブルとなって現れてくるのが秋という事です。

日焼け止めを入念に塗っていたとしても完璧にカット出来るわけではありませんから、やはり紫外線の影響は少なからず受けています。

紫外線のダメージが肌のターンオーバーを妨げて、古い角質を残したまま肌に蓄積し、放置すると汚れが溜まりニキビができてしまいます。

肌が疲れると、皮膚の再生能力や免疫力が落ちてしまうので、ちょっとした刺激でニキビになってしまい、治るのも遅くなるという悪循環が生まれてしまいます。

さらには、角質に十分な水分が保たれず極度の乾燥状態を生み出すのです。ターンオーバーが十分に行われないことで、外からどれだけ保湿ケアをしても吸収されません。

全てが悪循環となってしまいます。保湿ケアを見直して、その季節似合った方法を探すことが大切です。

対処法としては秋になってからケアを入念にするのではなく、夏から予防感覚で保湿ケアなどのスキンケアをしておく事です。

日焼けするとかさついたり乾燥したりしますが、皮膚内部にも水分が足りなくなってしまいますから、いつもより保湿力と浸透力の高いクリームやオイルを活用しながら肌を守っていく必要があります。

さらに暑い日には制汗スプレーなどを常備しておけば、汗を抑えて肌を衛生的に保つ事が出来るので、これもひとつの対処法として気を付けておくと良いでしょう。

そしてさらに悩まされるのは花粉です。ススキ、ブタクサやヨモギなどの花粉が飛びます。

アレルギー反応としてかゆみが出たり、かさかさとした肌となり刺激に弱くなります。

さらに秋花粉の場合は、夏に受けたダメージにより肌が弱っている状態なので特に注意が必要なのです。

肌の免疫が落ちて、刺激を受けやすくなってしまい、ニキビや炎症を引き起こします。

早めにアレルギー対策をして少しでも肌に負担をかけないように対策することが大切です。